男性や女性も楽しめる記事が盛りだくさんのサイトです。

官能的なエロ情報まとめ ロマンスポート

ノーブラでコンビニに行ったらヤンキーに絡まれた

見知らぬ男性にレイプされて

犯されている女性 私はスタイルには自信があり、胸もDカップあります。
普段はスキンケアなど肌の手入れはしていませんが、日光に当たらない生活を送っているので、
肌を白く、シミなどはありません。
しかし、私は引きこもりでやっとの事で大学を卒業できた。
そして、就職するも続かず、
今ではインターネットで稼ぐ日々である。
こんな生活をしているうちに私服などは買わずに、
日用品などはネットでぽちっとすれば翌日には届く良い時代になりました。
そんな引きこもりの生活をしている時にネットで観たある動画がきっかけで災難な事に遭いました。
まぁ、料理の動画なんだけど、
パスタがかなり美味しそうで猛烈に食べたくなり、家の中を探すもインスタントラーメンしかなく、
仕方なく近くのコンビニに買いに行くことになりました。
どうせ深夜だし、人もいないと思った私はノーブラにサンダルというラフな格好で外に出ました。
いざコンビニに到着すると、ヤンキーとまでは行きませんが普通より悪そうな人たちが集まっていました。
「こんな時間に一人でコンビニは危ないよぉ~」
など面倒くさい絡みをしてくるので無視して店内に入りました。
お店の出た時も男達は店の外にいて、自宅に帰っている時も付いてきているのがわかりました。
付けられている事がわかった私は自宅がバレるのが怖かったので遠回りをしていました。
しかし、相手は男性です。
限界を迎えた私は走り出し、逃げれたと思った時でした。
目の前に一人の男性が立っており、物陰に連れ込まれた。
「大丈夫だよ、おとなしく言う事を聞いてくれれば悪いことはしないから。」
そう言って次々に男達が集まり、暗闇で正確な人数はわかりませんが5人はいました。
恐怖で何も声を出せなかった私は、この状況を早く終わらせるために男達の指示を聞き、
汚いチンコを握らされて必死に刺激した。
しかし、普段は全く性行為をしない私は力加減が分からなく、
男性が痛がっていました。
「もっと優しくしてよ…」
「あっそうだ!せっかくだから口でしてよ!」
と言って口の中にブツを挿入された。
息苦しくもがいている私を見て興奮している男達。
そこで一人の男性がスマホで光を当て、私の顔をハッキリ見だした。
「以外と可愛いじゃん!なんか興奮してきたわ!」
すると私の口の中にブツを挿入している男性は
「イキそう…」と言い出し、口の中に思いっきり射精されました。
かなり久しぶりに行う性行為で口の中に精子を出される屈辱。
自分の情けなさに涙を流しているが、
男達は徐々にエスカレートしていく。
「そろそろ本番だな!」と男性が私の服を脱がして挿入しようとした。
「ん?なんだこいつ、毛深いな…」
「体をベタベタしてるぞ!」
私「そういえば今週まだお風呂に入っていない…」
この私の発言にビックリした男達は「汚ねぇ」といって逃げました。